環境・バイオの最前線

応用昆虫学の研究者

オールマイティの若き世界的研究者
松浦健二 

京都大学 農学部 資源生物科学科/農学研究科 応用生物科学専攻 植物保護科学講座
【昆虫生態学】シロアリを対象に昆虫の社会生態の進化のメカニズムを研究。シロアリの女王フェロモンの特定に世界で初めて成功。著書『シロアリ-女王様、その手がありましたか!』ではシロアリの「不思議の国」の知恵を書いた。殺虫剤を入れた擬似卵を巣内に導入するという革新的発明の駆除技術を考案。基礎から応用まで両輪で活躍する。世界的に名前を知られる若手教授。

昆虫生態学研究室 HP

 

チョウチョ好きの驚異の観察眼

荒川良

高知大学 農学部 農学科 自然環境学コース/総合人間自然科学研究科 農学専攻

【天敵昆虫学】虫の研究ができるだけで幸せという、昆虫少年がそのまま大人になったような研究者。20年以上前の若き日、コナジラミの天敵ツヤコバチが卵を産みつける際に、すでに他のハチが産んだ卵が体内にあるとまずその卵を刺し殺してから自分の卵を産むという不思議な行動を発見。しばらく忘れられていたこの発見をアメリカの学者が追試験し、一躍有名に。医学部勤務時代、蚊の調査でインドネシアに行った時も、蚊には見向きもせずチョウチョばかり追いかけていたというエピソードも。最近は高知産の天敵昆虫を、県内限定で害虫防除に利用することを、地域ぐるみで実践している。

昆虫研究室 HP

 

昆虫と植物の不思議なコミュニケーションの秘密を発見

高林純示

京都大学 理学研究科 生物科学専攻 植物学系/生態学研究センター 生態学研究部門

【天敵昆虫学】例えばキャベツはアオムシに葉を食べられる。ところが、キャベツはブレンドされた化学物質を出し、アオムシの天敵のハチを呼び寄せ、自らを守る。ブレンドされた化学物質は、天敵だけを呼ぶ高い特異性がある――高林先生はこのように不思議な植物のしくみを発見した。このしくみをうまく利用すれば農薬に頼らず植物を虫の害から守ることができる。そんな植物の織り成すコミュニケーションの秘密解明に挑む。著書『虫と草木のネットワーク』では、植物と昆虫たちの不思議な交信、匂いによるコミュニケーションと相互作用のしくみをやさしく紹介、生物間の多様な関係性の世界へ案内する。

高林純示研究室 HP

 

昆虫のすごい能力を追う

戒能洋一

筑波大学 生命環境学群 生物資源学類/生命環境科学研究科 生物資源科学専攻 農林生物学領域 

【応用昆虫学】例えば、茶の害虫チャノコカクモンハマキの天敵バチが寄主を探す学習能力があることがわかった。天敵昆虫の行動制御による生物的防除をはじめ、昆虫の行動生態学全般を研究する。昆虫界最強のギャング、スズメバチの一撃必殺の毒針、ハエが手を合わせる本当の理由など、昆虫のすごい能力を書いた著書『けんびきょうでわかった!いきもののスゴイ能力』が面白い。

応用動物昆虫学研究室 Kainoh's Home HP

 

植物保護・天敵利用のエコマスターになろう

大野和朗

宮崎大学 農学部 植物生産環境科学科(/農学研究科 生物生産科学専攻)

【天敵昆虫学】主な研究はずばり、天敵利用技術だ。マメの葉にもぐって食い荒らす害虫、マメハモグリバエの天敵となる寄生バチを発見し、実際に農家のハウスに持ち込んで防除効果を確認。ハウス栽培の盛んな宮崎の農家の人たちから絶大な信頼を得ている。「宮崎大学は有用生物の多様性の維持・利用をめざす研究をリードします。あなたも植物保護や天敵利用のエコ・マスターになりませんか!」と高校生に呼びかけている。

応用昆虫学研究室 HP

 

ハチはおまかせ

上野高敏

九州大学 農学部 生物資源環境学科/生物資源環境科学府 資源生物科学専攻 農業生物資源学コース

【天敵昆虫学、寄生】昆虫の中で最も進化したグループといわれる寄生バチの生態の研究で知られるが、実は昆虫の収集家としても有名。研究室はカブトムシやタマムシ等外国産の珍しい甲虫類のすばらしいコレクションでいっぱいだとか。

天敵昆虫学研究室 HP

「上野高敏のウェブサイトへようこそ」

「水田の天敵昆虫と害虫-田んぼの生物多様性を眺めて-」

 

世界でも屈指の変わった“虫”研究室

後藤哲雄

茨城大学 農学部 生物生産科学科(/農学研究科 生物生産科学専攻)

【ダニの生態学】ダニは非常に種類も生活環境も多彩だ。畳や蒲団に棲みアレルギーの原因になるダニ、人の皮膚に棲むダニ、カビやバクテリアを食べるダニ、温泉に棲むダニさえいる。チーズを作る「ミモレット」ダニは最も有名な有益ダニの1つだ。後藤先生はこのうち、植物の葉を食べるハダニの生態、遺伝・分子生物学、分類、共生微生物から天敵まで近縁種を幅広く研究する。「世界でも屈指の変わった“虫”研究室」を自認し、「ぜひ自分で体験しに来てください」と高校生に呼びかけている。

応用動物昆虫学研究室 HP

 

ナミテントウムシのオス殺しバクテリアに挑む

三浦一芸

広島大学 生物圏科学研究科 環境循環制御学専攻 環境予測制御論講座

【生物的防除】ナミテントウはオス殺しバクテリアにより産卵された卵のうち半分が死亡し、孵化するのはメスばかりの現象が知られている。なぜナミテントウではオス殺しバクテリアの感染率が高いのか? チョウチョなど鱗翅目では性比がオスに偏っているのはなぜか? 農薬に頼らない世界最先端の環境保全型・害虫防御技術は? 等々について幅広く研究を続けている。(農業・食品産業技術総合研究機構 近畿中国四国農業研究センター 水田作研究領域 病虫害研究グループ 主任研究員 兼任)

環境循環制御学専攻 環境予測制御論講座 陸域生態系制御論 サイト

 

寄生バチの謎を追え

前藤薫 

神戸大学 農学部 生命機能科学科/農学研究科 生命機能科学専攻

【昆虫多様性生態学】様々な昆虫の生態と分類を扱うが、その中でも主に寄生バチとゴミムシ(ひどい名前だね!でも別に汚い環境にばかりいるわけじゃない)の研究をしている。寄生バチとは、昆虫の体に卵を産み寄生するハチの仲間のことだ。この寄生バチは環境保全型の害虫防除技術に利用される。前藤研では、寄生バチを飼育し、その行動や遺伝的性質を調べその謎に迫る。

昆虫多様性生態学研究室 HP

「害虫の天敵・寄生蜂の謎にせまる」

 

アブラムシを駆除する新技術=バンカー法に挑む

矢野栄二

近畿大学 農学部 農業生産科学科(/農学研究科 農業生産科学専攻)

【環境農学】温室栽培の野菜の主要害虫であるアブラムシ類を食う天敵にショクガタマバエがいる。その利用技術に関する基礎研究を実施。特に、ショクガタマバエを温室内に常に供給してアブラムシを防除する「バンカー法」とよばれる技術に関する研究を進めている。研究室は「自由な雰囲気の研究室で、学生の個人のアイデアを尊重しつつ、きちんと指導するようにしている。外部の研究者の人と接する機会が多いのも特徴」と言う。

昆虫生態制御学研究室 HP

 

日本一の蛾博士

広渡俊哉

九州大学 農学部 生物資源環境学科 生物資源生産科学コース/生物資源環境科学府 資源生物科学専攻 農業生物資源学教育コース 

【昆虫分類学】チョウ研究では日本一の大阪府立大学の昆虫学研究室の“蛾”博士だった。前任の九州大学時代は、東南アジアからオーストラリアのルリウラナミシジミなどが含まれるヒメシジミ亜科の系統分類を、大阪府立大学では原始的な小蛾類の系統分類を行い、著書に『小蛾類の生物学』がある。蛾尽くしの先生なのだ。今また九州大学に復帰。

昆虫学分野 HP

 

ダニ研究の大家

天野洋

京都大学 農学部 資源生物科学科/農学研究科 地域環境科学専攻 生産生態科学講座

【天敵昆虫学】千葉大学をダニ研究のメッカにしたダニ研究の大家が、2009年、京都大に転出。農業現場で大きな害を及ぼすハダニ類は、施設栽培の普及や薬剤抵抗性の発達により1960年代から大害虫となった。この間一貫して天敵カブリダニを中心とした天敵学・個体群生態学・生殖生態学などを研究してきた。トロント大学で「哲学」の学位取得というユニークなキャリアを持つ。

生態情報開発学分野 HP

 

新種タマバチ発見!

阿部芳久

九州大学 比較社会文化学府 国際社会文化専攻 地球自然環境講座

【昆虫生態学、分類学】2010年、九州大伊都キャンパスの「生物多様性保全ゾーン」で新種のタマバチを発見し、マスコミ等でも大きく取り上げられた。キンゼイレポートで有名なキンゼイ博士は、性の科学者として名をはせる前には、タマバチの分類学者だった。彼はタマバチの起源はアメリカであると考えた。しかし阿部先生の研究が進めばアジアの方がアメリカよりもタマバチの種レベルの多様性は高いということになるかもしれない。アジアとアメリカ、ヨーロッパのタマバチの系統解析を行い、タマバチの起源に迫る。

生物体系学教室 HP

 

熱帯の生態系に迫る

緒方一夫 

九州大学 生物資源環境科学府 農業環境科学専攻 農業環境科学コース/熱帯農学研究センター 熱帯作物・環境部門

【昆虫分類学】キャンベラに1年間滞在し、オーストラリアのアリ類の分類学的研究を行った。現在は熱帯のアリ類の系統分類学や生物地理学を中心とし、さらに熱帯の生態系における生物多様性に関する研究を行っている。著書は『ハチとアリの自然史―本能の進化学』。(農学部 生物資源環境学科 担当)

熱帯農学研究センター HP

 

クワガタムシを追って世界へ

荒谷邦雄

九州大学 比較社会文化学府 国際社会文化専攻 地球自然環境講座

【昆虫生態学】クワガタムシを題材に生物の進化の問題に取り組んでいる。この問題を追求するため、日本国内はもちろん世界各国に足をのばし、野外におけるクワガタムシの生態や行動を調査する一方、飼育による幼虫の栄養生理や生活史の解明、実験室内での形態比較、核型やDNA分析に至るまで幅広いアプローチを試みている。クワガタムシを歴史性を持った存在として総合的にとらえることを最終目標としている。

生物体系学教室 HP

 

アジアの中心的な生物的防除研究拠点で

高木正見

九州大学 農学部 生物資源環境学科/生物資源環境科学府 資源生物科学専攻 農業生物資源学コース

【生物的防除学】天敵を利用し害虫を駆除する、生物的防除を専門に教育研究を行うアジア唯一の施設の教授である。近代農業は、害虫防除をほとんど化学農薬に頼ってきた。生物的防除は、持続可能で環境保全型の農業にとって最も重要な安全な害虫防除法の1つ。高木先生らは、日本だけでなくアジアの中心的な生物的防除研究機関として、生物的防除に関する教育・研究・普及活動を展開する。

天敵昆虫学研究室 HP

 

フェロモン研究

安藤哲

東京農工大学 農学部 応用生物科学科/生物システム応用科学府 生物システム応用科学専攻 循環生産システム学専修

【生物分子科学】キクイムシの集合フェロモン、アリの道しるべフェロモン、アリマキなどが捕食者に攻撃された時に出す警報フェロモンなどなど、フェロモンは不思議な物質だ。その中で、安藤先生の研究室では、ガのフェロモンを中心に研究を進めている。研究。趣味:飛び込み(水連C級コーチ)、立華。苦手なモノ:発酵食品。

安藤研究室(Ando LaboratoryHP

 

比留間潔

弘前大学 農学生命科学部 生物資源学科(/農学生命科学研究科 農学生命科学専攻 生物資源学コース)

【昆虫生理学】昆虫の脱皮、変態の機構解明を分子レベルで行う。

農学生命科学部 生物資源学科 教員紹介

バイオロジカルコントロールの楽しい絵本を作った

仲井まどか

東京農工大学 農学部 応用生物科学科/農学府 生物制御科学専攻 

【生物的防除】野外で昆虫の観察をしていると、卵から成虫まで無事に成長する個体は非常に少ないということに驚かされる。これらの昆虫の死亡原因を探ると、様々な天敵と、ウイルスや微生物の病原体がある。仲井先生は、生理学と生態学という2つのアプローチで昆虫病原ウイルスの持つ巧妙な適応戦略の謎に迫る。また、化学農薬に替わる方法として、害虫防除の目的でウイルスや寄生バチなどの天敵を野外に散布する「バイオロジカルコントロール」を始めている。農薬の正しい使用や害虫について学ぶための楽しい「絵本」も作ったりしている。

応用遺伝生態学研究室 HP

 

飛ばないテントウムシを生み出す

世古智一

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 近畿中国四国農業研究センター 水田作研究領域

【ナミテントウ、天敵育種】今、応用昆虫学の世界で話題は「飛翔能力のないテントウムシを作り出し、害虫駆除に利用できた」という話だ。ナミテントウというテントウムシは、古くから農業害虫のアブラムシの防除に利用できないかと考えられてきた。欠点は、ナミテントウは飛んでしまうこと。世古先生は育種改良によってそれを克服した。まさに応用昆虫学界のニューウエーブなのだ。若い学生へ「チャンスをものにするには、日ごろから多くの研究者と交流し、自分の研究を積極的にPRしていくこと」とメッセージを送っている。

近畿中国四国農業研究センター 水田作研究領域 病虫害研究グループ サイト

 

チョウ研究室のホープ

平井規央

大阪府立大学 生命環境科学域 緑地環境科学類/生命環境科学研究科 緑地環境科学専攻

【昆虫生理、生態学】日本一のチョウコレクションを持つ大阪府立大昆虫学研究室のホープ。チョウをはじめ昆虫の生活史の研究をする。高校生への講義・講演も行う。

昆虫学研究室 HP

 

恋するオスが進化する?

宮竹貴久

岡山大学 農学部 総合農業科学科 環境生態学コース/環境生命科学研究科 生命環境学専攻

【昆虫生態学】生物が交尾を行う時間は生物時計に支配される。ということは、オスメスの時計遺伝子の違いは、交尾を行う機会を失わせる生殖隔離を起こし、種分化の引き金になりうる。そこでハエ、蛾などの昆虫を材料として、交尾前に生殖隔離の実態と、時計遺伝子の解析を進めてみた――このように宮竹先生の昆虫を使った進化生態学研究はユニークだ。自身の研究をベースに『恋するオスが進化する』という新書を出版。オスとメスで違う「セックスの意味」、なぜセックスに振り回されるのは男なのか、など進化論で納得のいく1冊を書きあげた。

進化生態学研究室 HP

 

クリ園を守る

守屋成一

独立行政法人農業・食品産業技術総合研究機構 中央農業総合研究センター 病害虫研究領域

【生物的防除】総合的害虫管理研究チーム長として、サツマイモの重要害虫のイモゾウリムシ駆除、ダイズ栽培で大きな問題になっているカメムシ、アブラムシなどの駆除技術の開発を進めている。クリの実の害虫ハチの駆除のために、チュウゴクオナガコバチという小さなハチを中国大陸から輸入し、クリ園に放し、見事駆除に成功した例を市民講座で語るなど啓蒙活動もしている。

 

昆虫の面白さを子供にも伝えたい

野村昌史

千葉大学 園芸学部 園芸学科/園芸学研究科 環境園芸学専攻 生物資源科学コース

【昆虫分子系統学】東京生まれ、東京育ち、専門は応用昆虫学および昆虫分子系統学。クサカゲロウなどを用いた害虫防除の研究をしている。最近はデジカメで撮影した成果をサイト戸定の昆虫にて公開中。身近な昆虫を見る面白さを子供たちに伝えられればと夏休みには「夏休み昆虫教室」を実施。ビートルズが好き。著書『観察する目が変わる昆虫学入門』は写真・図版が豊富で中高生に最適の入門書と評判だ。

応用昆虫学研究グループ HP

戸定の昆虫 HP

 

天敵を蒸し殺すミツバチの発見!

小野正人

玉川大学 農学部 生物資源学科(/農学研究科 資源生物学専攻 応用動物昆虫科学分野)/ミツバチ科学研究センター

【昆虫機能利用学】ミツバチというと一般的には「刺す」イメージがある。ところが小野先生は、世界初、ニホンミツバチは、天敵であるオオスズメバチが巣内に侵入すると、数百匹の働きバチが一斉にスズメバチを「蒸し殺す」ことを発見した。

昆虫学研究室 HP

 

高山の昆虫生態を研究する

中村寛志

信州大学 農学研究科 食料生産科学専攻/農学部 附属アルプス圏フィールド科学教育研究センター 

【昆虫生態学、環境評価】里山における生物多様性(昆虫類)の保全に関する研究、昆虫群集の構造解析と環境評価に関する研究、絶滅危惧チョウ類の保全・保護に関する研究、昆虫の集合性の生態学的研究等々、信州の高山の環境評価と合わせた解析で、独自の昆虫生態を解明してきた。山岳環境の変化で絶滅の危機に瀕した山の虫たちを通じて自然環境保全を訴えた『山に登った虫たち』ほか、著書も多い。(農学部 食料生産科学科 農学コース 担当)

昆虫生態学究室 HP

 

謎の昆虫=アリ博士

伊藤文紀

香川大学 農学部 応用生物科学科(/農学研究科 生物資源生産学専攻)

【昆虫生態学】アリは意外に謎の多い昆虫だ。アリは陸上で最も繁栄した動物の1つという。様々な他の動物にも大きな影響を与えている。家屋に侵入する害虫でもある。アリは日本にもたくさんいるが、熱帯地域に数多く生息している。そこでアリ博士は、日本でアリの防除をするだけでなく、インドネシアやマレーシアにしばしば出かけ、現地研究者と共同研究を進めている。

 

カブトムシ博士

吉冨博之

愛媛大学 農学部 生物資源学科 生物生産システム学コース(/農学研究科 生物資源学専攻)/ミュージアム

【昆虫分類学】昆虫類の中でも最も種の多様性の高い、甲虫類(カブトムシ)の専門家。フィールド調査に加え,これまでの調査で愛媛大ミュージアムに蓄積された標本の研究を進め,これまでに100種以上の新種を発見し学術論文として発表している。

環境昆虫学研究室 HP

 

湯川淳一

九州大学名誉教授、鹿児島大学名誉教授

【タマバエの分類と生態学】植物に卵を産みつけてその部分をガン化させ、虫こぶを作るタマバエ。九州大学のお家芸の生態観察を通して、このやっかい者のハエの防除に挑む。退官されるも、まだ元気に学会活動を続けている。

 

カメムシのハーレムを発見

藤崎憲治

京都大学名誉教授

【カメムシの生態学】ナスやピーマンなどの害虫ホウズキカメムシは、幼虫の時は兄弟で集団を作り、成虫になるとオス1匹が周りに多くのメスをはべらせるハーレムを作ることを発見。退官後もそのユニークな行動の謎に迫る研究をしている。

 

沖縄を愛し、沖縄を救う

伊藤嘉昭

名古屋大学名誉教授

【昆虫生態学】1970年代前半に沖縄や南西諸島に大発生し、農作物に壊滅的な被害を与えたウリミバエ。「8ミリの悪魔」とよばれたこの虫を根絶できたのは、放射線をあてて生殖能力をなくしたオス(不妊虫)を大量にばらまき、子孫を残せなくするという、世界でもほとんど成功例のなかった方法への果敢な挑戦だった。「ウリミバエ撲滅宣言」に至る大成果を収めたチームの作戦全体の基礎を作ったのが沖縄県農業試験場時代。チームの20年にわたる努力と苦闘のドラマはNHKの『プロジェクトX』で紹介された。後に、名古屋大学に移籍して研究を続けたが、退官後は再び大好きな沖縄へ。生態学の立場から環境問題に対する提言も積極的に行なう。米軍基地反対運動にも参加する情熱の研究者。いまだに学会で元気な姿を見かけるという。

 

84歳の現役研究者!

桐谷圭治

農業環境技術研究所名誉研究員

【総合的害虫管理学】R.カーソン『沈黙の春』をきっかけに化学農薬の使用が国際的な問題となった際、天敵を利用して害虫を防除する「総合的害虫管理」を日本に紹介。その後の応用昆虫学の研究のあり方を変えた。地球温暖化によるマラリアやデング熱を媒介する昆虫が日本に上陸し、病気が流行する危惧を訴えたのもこの先生だ。84歳、今も第一線で活躍しておられ、まさに超人の名にふさわしい!

 

応用昆虫学を知る

応用昆虫学が学べる大学