学問本オーサービジット(大阪大学協力) 

社会には不正義や不平等がたくさんある ゆえに「公共性と正義」について考えたい

友枝先生インタビュー

友枝敏雄先生 大阪大学 未来戦略機構

◆先生は、研究テーマをどのように見つけたのでしょうか。

 

大学入学時点では、歴史学が好きで、東洋史を専攻しようと思っていました。その後、学部1、2年次に社会学に出会い、社会学を専攻しました。社会学専攻のきっかけとなったのが、学部1年次に読んだウエーバー著『プロテスタンティズムの倫理と資本主義の精神、上・下』(岩波文庫)でした。この本の翻訳者である大塚久雄先生(専門は西洋経済史)の著作も多く読みました。

 

好きな学問分野をやろうと思って、やり始めたのが社会学だったということです。社会学との運命的な出会いがあったわけではありませんが、いやにならなかったので、ずっと研究を続けることができたように思います。

 

◆先生は今度どのように研究を発展させようとお考えでしょうか。

 

社会学理論の研究として、「公共性と正義」の問題について、自分の考えをまとめたいと思っています。ご存知の通り、社会には不正義や不平等がたくさんあります。人間が不道徳な側面をもっていることも事実です。そうであるがゆえに、人間と社会を成立させるために、正義は必要なのだと考えています。

 

◆先生のゼミや研究室の卒業生は、どんな就職先でどのような仕事をされていますか。

(1)大学の研究者

(2)新聞社・テレビ局・広告代理店・出版社

(3)国家公務員・地方公務員

(4)一般企業

 

私が、専任教員として関与した、中央大学文学部社会学研究室、九州大学文学部社会学・地域福祉社会学研究室、大阪大学人間科学部社会学研究室で指導した卒業生の就職先です。社会学専攻卒業生の就職先として多いのが、(2)新聞社・テレビ局・広告代理店・出版社です。

 

◆この分野に関心を持った高校生に、アドバイスをお願いします。

 

(1)新聞やニュースを見て、世界の動き、社会の変化に関心を持つ。

(2)読書を通して、自分の考えをまとめる、さらに文章で的確に表現する訓練をする。

 

◆高校時代は、どのように学んでいたか、何に熱中していたかを教えてください。

 

私の2、3年先輩が、学園紛争世代でした(1969年の東大入試は中止になりました)。東大紛争の影響で、3月に東京大学を卒業できず、数ヶ月遅れた学年もありました。21世紀に入ってからの大学の様子をみていると、60年代後半になぜ青年反乱が起こったのかを想像するのはかなり難しいですね。高校時代は、社会のこと、政治のこと(ベトナム戦争の影響もあって)について、友人と議論していました。ただ高度経済成長の時代でしたので、将来に夢を描けた(少しくだけた表現をすると、大学を卒業すれば正社員として就職できると誰もが考えていた)のは、よかったと思っています。

  

興味がわいたら

『社会学のエッセンス』

友枝敏雄・竹沢尚一郎・正村俊之・坂本佳鶴恵(有斐閣)

社会学の入門書として、1996年に初版の刊行以来、20年以上売れ続けています。出版元の有斐閣の編集者の当初の予想をはるかに超えて売れ、ロングセラーの入門書です。

 

「人間とは何か」について、「人間と社会との関係」について、社会学のキーワードを紹介しながら考えていきます。キーワードを学習することによって、社会学的思考が身につきますし、人間や社会についての新しい見方を獲得できます。基礎知識なしに、どの章から読んでもよい構成になっています。社会科学という学問を知ってみたい人にお薦めです。

[amazonへ]

 


『Do!ソシオロジー』

友枝敏雄・山田真茂留編(有斐閣)

21世紀の日本社会の現状がどのようなものであり、どのような方向に進んでいるのかを学ぶのに最適な書籍です。

[amazonへ]


『集団と組織の社会学』

山田真茂留(世界思想社)

人間が社会を生きていく上で、必ず所属する集団と組織について、平明に書かれた書物です。

[amazonへ]


こちらもおススメ

『甘えの構造』

土居健郎(弘文堂)

日本文化論の名著です。

[amazonへ]


『日本人とユダヤ人』

イザヤ・ベンダサン(角川ソフィア文庫)

日本文化論の名著です。

[amazonへ]


『新・日本の階級社会』

橋本健二(講談社現代新書)

21世紀の日本社会における格差・貧困の実態を伝える好著です。

[amazonへ