この仕事をするならこんな学問が必要だ

<建設業界(コンクリート製品)>

コンクリート製品やスチール製品でインフラを担う

〜道路や橋、港湾、トンネルを造る部材を開発・製造

ジオスター株式会社

技術統括本部 技術部長 高松芳徳さん

 

第2回 材料の特性を活かし、コンクリートとスチールのハイブリッド製品を開発

トンネルなどに使われるセグメントには、コンクリート製のものと、スチール(鉄鋼:鉄を主成分とした合金)製のもの、両者を組み合わせた製品があります。そしてコンクリートは、押される力には強いが引っ張りや曲がりには弱いという特徴があります。逆に引っ張りや曲げに強いのが鉄鋼です。そこで、用途や使う場所などに合わせて使い分けられるように、ジオスターでは、様々な製品を開発しています。

 

RCセグメント
RCセグメント
スチールセグメント
スチールセグメント

工場で上のようなセグメント製品を作り、現場でつなぎ合わせる

例えば、地下鉄のトンネルに使うセグメントは、まっすぐな部分にはコンクリート、急激にカーブするところには、スチールのセグメントを使っています。ただし、仕上げに内面をコンクリートで覆ってしまうため外側から見ただけでは、どこがコンクリートでどこがスチールかはわかりません。

 

地下50メートルの水圧にも対応したセグメント

 

コンクリートのセグメントの中には引っ張りに強い鉄筋が入っていますが、鉄筋を引っ張られる外側に配置してコンクリートの強度を補う、薄い部材が必要な箇所では外側にスチールの板を貼ってコンクリートの厚さを薄くするなど、様々な工夫が施されています。

 

また、地下は岩石の隙間に水があるのですが、地下50メートルなど深い場所ではこの水圧が高くなりトンネルに負荷がかかるため、水漏れを抑えるために、鉄の枠の中に鉄筋を入れてそこにコンクリートを流し込んだセグメントを開発しました。

 

そして製品を開発するにあたっては、実物大のものを造って実験すると何千万円もかかるため、コンピュータで数値解析しながら、コンクリートの厚みなどを設計します。その後試作し、実物で外部からかかる力を加えて実験して安全な設計がなされているかどうかを確認します。

 

プレキャストには、セグメントのほかには、道路や水路の土留めに使われる矢板と呼ばれる製品、水路などに使われるボックスカルバートという製品、電線など様々なライフラインを地下に埋める共同溝、防潮堤用の製品など、用途に合わせた様々な製品があります。 

 

興味がわいたら

『おもしろサイエンス コンクリートの科学』

明石雄一:監修、コンクリートの劣化と補修研究会:編著(日刊工業新聞社)

コンクリートとは、砂や砂利、水などをセメントで混合・結合させてもので、現在、建築資材として最もポピュラーなものです。また、コンクリートは自由な形状のものを造ることができ、材料も比較的安価であり、水密性や耐火性に優れています。そのために、ビルや橋、トンネル、高速道路やダムなど、現代生活に欠かせない構造物を造り上げている材料です。また、高度経済成長期に建設されたコンクリート構造物の老朽化が社会問題になっています。今後は、コンクリート構造物の点検・維持補修技術が重要な課題になります。このように、現代生活に不可欠なコンクリートのメカニズムとその働き、コンクリートの再利用、未来のコンクリートなどについてわかりやすく解説した本です。

[出版社のサイトへ]

『なぜ、あなたの仕事は終わらないのか スピードは最強の武器である』

中島聡(文響社)

米マイクロソフト本社でWindows95の開発に携わり「ドラック&ドロップ」を世界に普及させ「右クリック」の概念を築いた人の本です。仕事というよりは時間の有効活用の仕方のノウハウ本です。この中で「ロケットスタート時間術」の内容では、ビル・ゲイツの仕事の仕方など実践紹介やたくさんの比喩でわかりやすく解説しています。受験勉強の効率化に参考になると思います。

[出版社のサイトへ]

◆他の「この仕事をするならこんな学問が必要だ」の記事を読む

鉄鋼業界編、IT業界編、医薬品業界編など

詳しくはこちらから

 

◆変わる仕事

◇日本経済団体連合会会長 榊原定征さんインタビュー

◇10年後、今ある「仕事」が消滅する?!  頭のいいロボットが人間の仕事を奪う~東大に合格するロボット研究~

ほか →詳しくはこちらから