計量政治学、投票行動論、政治過程論

みらいぶプラス 学問本オーサービジット(協力:筑波大学)

18歳、選挙に行こう! みんなで社会を作ろう!

何を手がかりに投票すればいい? ~『イデオロギー』を図書委員で読んでみた。開成中学・高校図書委員会、政治学者と語る

竹中佳彦先生 筑波大学人文社会系(社会・国際学群 社会学類 政治学主専攻、大学院人文社会科学研究科 国際公共政策専攻)

学問の本について、その著者(オーサー)と気軽に語らう。そのために、著者である大学の先生が高校に訪ねてくる(ビジット)。第1回は、7月10日の参議院選挙には、高校生も有権者として初めて参加できるので、政治学の本を取り上げてみました。

 

訪問を希望したのは、開成中学・高校の図書委員会。実は彼らは理系進学を考えているのですが、文系の本を読んでみたいと、竹中先生の訪問を求めてきました。

 

晴れた土曜日の午後。迎えていただいたのは、中学校の図書室でした。

 

<参加者>

開成中学・高校図書委員会6名 遠藤達朗くん(高2)、東山晋承くん(高2)、野村優くん(高1)、加藤辰明くん(高1)、坂谷竜聖くん(中3)、青山龍平くん(中3)(2015年11月時点) 

対象となった本は『イデオロギー』(東京大学出版会)。蒲島郁夫先生・竹中佳彦先生の共著です。蒲島先生は、4月に大地震に遭遇し、災害からの復興に奔走中の熊本県知事。今回、オーサービジットに登場の竹中先生は、蒲島先生の教え子にして、現在、筑波大学人文社会系で政治学・日本政治論を研究する政治学者です。

 

オーサーとの対話でわかったのは、政治学は、いよいよ選挙にも参加できる高校生が市民になるための必須科目であり、そこには、「究極の実用的な学問」(竹中先生)とも呼べる世界がある、ということでした。

 

※昨年2015年度の学問本オーサービジットの案内はこちら

第1回 そもそも政治学って何? ~中学校のテニス部にも政治がある

まず、先生による講義から。内容は、「政治とは? 政治学とは?そして政治過程論とは?と続きました。

私たちの本は『イデオロギー』というタイトルですが、思想より図表や数式がたくさん出てくることに驚いた人も多いでしょう。私たちは、イデオロギーという概念に注目し、そこを切り口として、世論調査のデータを用い、実際の政治をめぐる有権者の行動や意識を計量分析しています。分析によって、わけがわからないように見える政治の世界がよく理解できます。

 

ところで政治って何でしょう? 政治を表す英語には、「ガバメント」と「ポリティクス」があります。「ガバメント」は、「船の舵をとる」というラテン語から派生し、統治や支配という側面を象徴しています。「ポリティクス」は、古代ギリシャのポリスに由来します。「都市を治める」という意味の言葉が語源です。ポリスでは、市民権を持った人々が自治を行っていました。政治とは、統治であれ、自治であれ、考えや利害を異にする人を統合していくことです。

 

たくさんのテニス部員のいる中学校にテニス・コートが1面しかないとしたら、練習できる人の数は限られます。部員全員がコートを使って練習できるように話し合いをして秩序ができれば、テニス部の自治はうまくいっています。しかし特定の部員が、他の部員の使うべきときにコートを使い続けていたら、自治は崩壊します。上級生や顧問の先生がルールを定め、みんなを従わせることで、秩序が回復するかもしれません。これは、一種の統治ですね。このように政治とは、人間集団の相互作用から生じると言えます。

 

よく「政治学って政治評論家みたいなことをするんですか?」と聞かれることがあります。たしかに政治評論のようなことをする場合もありますが、政治学の本当の役割は、評論や予測ではなく、政治現象の分析です。

 

その中でも特に私の専門の政治意識や投票行動の研究は、政治学の一分野である「政治過程論」の中に位置づけられます。政治過程とは、国民や圧力団体が政治に対して自分たちの利益を表明し、それらを政党が政策案として集約し、政治家や官僚などが中心になって政策を決定し、執行されていく一連の流れで、投票行動は、国民が自分たちの利益を政治家に伝える重要な役割を持っています。イデオロギーは、有権者の投票行動を規定する要因の一つです。

 

政治の現状を分析し、政策のあり方を考え、どう投票すべきかを教えてくれる政治学が、とても役に立つ実用的な学問でもあるということを説明していきましょう。

 

開成中学・高校図書委員会によるブックガイド

『イデオロギー』(現代政治学叢書8)

蒲島郁夫、竹中佳彦(東京大学出版会)

冷戦が終結し、東西イデオロギーの対立が消滅した今、イデオロギーは存在するのだろうか?しかし、現に「右傾化」という言葉が現政権を批判するのに使用されているように、決して消え去った過去の概念ではないように見える。本書では、この「イデオロギー」という概念について、理論的、および実際的な考察を交えて考えていく。特に、日本ではイデオロギーという言葉が使われるとき、それは「保革イデオロギー」としての形である場合が多い。それでは、「保守」と「革新」が両端にある対立軸のほかに、別の対立軸は存在しないのか。「保守」「革新」とみなされる政党と、その主張する政策にはどのようなかかわりがあるのか。有権者が考える位置づけと、政党の自認する位置づけはどれほど異なるのか?そもそも、有権者は自らをどのように認識し、その幅がどれほどあるのか?選挙年齢が18歳に引き下げられ、今後我々にも政治にかかわる機会が多くなる。その中で、「イデオロギー」というものを無視するわけにはいかないだろう。(図書委員会 遠藤達朗 高2)

 

興味がわいたら

『戦後政治史 第三版』

石川真澄、山口二郎(岩波新書)

敗戦から民主党政権の発足と混迷までの日本の政治史を概観しており、戦後史の流れを大まかに知るのに役立ちます。衆参両院の選挙データが収録されているのも便利です。

[出版社のサイトへ]

『自民党――政権党の38年』

北岡伸一(中公文庫)

1955年から38年間にわたる自民党の歴史を、内閣ごとに外交・経済政策や派閥政治を通じて鮮やかに描き出しています。

[出版社のサイトへ]

『代議制民主主義――「民意」と「政治家」を問い直す』

待鳥聡史(中公新書)

著者は、代議制民主主義を、自由主義と民主主義の二つの要素の緊張関係からなるものとしています。代議制民主主義を、歴史・実態・制度の面から考える際の参考となります。

[出版社のサイトへ]

『池上彰の選挙と政治がゼロからわかる本』

池上彰(河出文庫)

TVでもおなじみのわかりやすい“池上解説”で、選挙や政治について、わかりやすく書かかれています。

[出版社のサイトへ]

 

『政治のしくみがわかる本』

山口二郎(岩波ジュニア新書)

著者は、法政大学で政治学を教える先生。日本の政治がどのようになっているのか、わかりやすく解説しています。

出版社のサイトへ

 

『めざせダウニング街10番地』

ジェフリー・アーチャー 訳:永井淳(新潮文庫)

3人の英国下院議員が、ダウニング街10番地の主=首相を目指す小説。英国政治の勉強になります。

 

総務省ウェブサイト「はじめての選挙 18歳選挙」

http://www.soumu.go.jp/18senkyo/index.html

 

選挙ドットコム(日本の選挙や候補者の情報サイト) 

http://go2senkyo.com/