若手セッションIPSJ-ONE 2019、次代を担う若手研究者が、高校生にもつなぎたい最新研究を、続々披露

2019年3月16日(土) 福岡大学で開催

河合塾「みらいぶプラス」×情報処理学会・連携・応援企画

IT研究、何処に行く? 理系文系横断の情報学の学会で進む、約40に渡る分野の研究の展開。分野ごと最もホットな研究を、15人の若手がスーパープレゼンテーターになり、高校生に向けてもわかりやすく語ります。

 

プレゼンターの先生方

[コンピュータグラフィクス]

デザインを形に。コンピュータ数値シミュレーションが支援する、ものづくり新時代!

梅谷信行先生 東京大学 理学部 情報科学科

[インターネット運用]

Webシステムの完全自動化のもくろみは、Webシステム運用技術者のわくわくを奪うのか

高村成道先生

グロービス経営大学院大学 経営研究科 経営専攻/株式会社ハートビーツ MSP事業部

[人文情報学]

クラウドで呼びかけ、アプリで学習。地震史料をみんなで解読する~歴史学の情報科学

橋本雄太先生 国立歴史民俗博物館 研究部

[ソフトウェア(ソフトウェア工学)]

コンピュータを狂わす脅威の「バグ」食物連鎖を食い止める!ソフトウェアの生態系研究

石尾隆先生 奈良先端科学技術大学院大学 先端科学技術研究科 先端科学技術専攻 情報科学領域

[知的学習支援システム]

温度分布で学習進行ペースを把握。デジタル教科書をより有効に活用する法

島田敬士先生 九州大学 工学部 電気情報工学科 

[人間行動センシング(ウェアラブルコンピュータ)]

トイレットペーパーの使われ方からヒトを知る!計測センサを使ったユニーク情報処理研究

村尾和哉先生 立命館大学 情報理工学部 情報理工学科

[計算社会科学/ソフトコンピューティング]

グローバル化で、あなたも闇社会とつながっている!地球規模のブラック企業をつきとめる数理モデル化の研究

水野貴之先生 国立情報学研究所

[グループウェア]

いっしょに食べるからこそ食事は楽しい!「時差共食」を提案するグループウェア研究

野口康人先生

聖徳大学 短期大学部 総合文化学科

[HCI(ヒューマン・コンピュータ・インタラクション)/情報センシング]

枕や布がデバイスになる!いつの間にか生活環境に溶け込む、やわらかインタフェース研究

杉浦裕太先生

慶應義塾大学 理工学部 情報工学科

[音声情報処理、人工知能・機械学習]

会話相手の興味や意欲を自動推定!空気が読める会話ロボットエリカ誕生!!

井上昂治先生

京都大学 工学部 情報学科

<公開予定>

◆青木 海さん sigboost株式会社

プログラマブルな電子楽器

 

◆大木 哲史先生 静岡大学 総合科学技術大学院

目に見えるものが真実とは限らない:なりすましとの戦い

 

◆中村 裕美さん 産業技術総合研究所

“味(テイスト)”の探求

  

◆前川 卓也先生 大阪大学 情報科学研究科

行動認識技術で動物の生態の謎に迫る

 

メインMCは、昨年サブMCのインタラクティブなコンピュータグラフィクス研究の五十嵐悠紀先生(明治大学)、サブMCは、コンピュータによる言語理解研究をされていて、東京大からオムロンに移られた牛久祥孝先生です。

 

◆五十嵐悠紀先生の記事を読もう

オリジナルぬいぐるみの二次元型紙ができる ~コンピュータで手芸を支援

 

◆牛久祥孝先生の記事を読もう

まるで画家。コンピュータが、言葉から想像して、優れた描写絵を描いた!〜深層学習=ディープラーニングの挑戦

 

◇同日、「中高生ポスターセッション」や、学会誌で展開されているジュニア会員向けの大好評企画「先生、質問です!」のライブ版(→詳しくはこちら)も開かれました。

 

中高生ポスターセッション

今回のポスターセッションに参加した皆さんに、研究の内容や工夫した点、苦労したところを聞きました。詳しくはこちら

 


お知らせ

★学会から高校生からのご案内

・プログラミングやアプリのコンテストなど

・特典あるジュニア会員募集中

詳しくはこちら


みらいぶプラスのIT特集

特集 IT・AI分野、情報系 一挙公開

理系文系も、研究するなら、この大学!

研究するなら、この大学! 歌声合成なら山梨大、ピアノ練習なら公立はこだて未来大。明治大ではぬいぐるみ作りに使えるCGも

研究一覧はこちら

学べる大学・研究者一覧はこちら