犯罪社会学

18歳成人問題として「『少年法』適用の低年齢化」について考えてみた ~高い貧困率なのになぜ?

『若者の気分~少年犯罪の〈減少〉のパラドクス』を読んで見えたことを踏まえ、犯罪社会学者・土井隆義先生と開成中学・高校生が語り合う

土井隆義先生

筑波大学 社会・国際学群 社会学類/人文社会科学研究科 国際公共政策専攻

 

2016年の参院選で、選挙年齢引き下げが実施され、18・19歳有権者が初めて投票しました。これに続き、2022年からは、成人年齢も18歳に引き下げられ、今、少年法の適用年齢引き下げられる見通しです。犯罪についても一人前の厳罰を、というわけです。しかし一方、2003年以降、少年犯罪は激減しています。少年犯罪が減っているとするならば、若者にどんな変化が起きているのか。少年法の適用年齢の改正はどんな意味があるのか。改正する必要はあるのか。

 

開成中学・高校に通う中高生たちが、「犯罪を心ではなく、社会との関係で見るとどうなるか」についてを専門に研究する土井隆義先生をお招きし、先生が書いた『若者の気分~少年犯罪の〈減少〉のパラドクス』(岩波書店)を読みつつ、一緒に考えてみました。

 

●参加者

野村優くん(高校2年)、加藤辰明くん(高校2年)、折井森音くん(高校1年)、青山龍平くん(高校1年)、坂谷竜聖くん(高校1年)、竹内紀博くん(高校1年)、杉山佑太くん(中学3年)、山本紘生くん(中学3年)、藤野和真くん(中学2年)

 

第1回 幸せな10代、減った犯罪。社会学は2つの理論で説明する

日本人の生活全般への満足度は、1973年は、高齢になるほど生活への満足度が上昇しますが、2008年には、様相がまったく変わります。10代若者の満足度は、73年には20~30%だったのに、2008年には70%! あらゆる世代の中でも最も満足度が高いのが、今の10代世代なんです。今は幸せかという調査でも、「とても幸せ」と答える10代は年々上昇しています。

生活への満足度が高ければ少年犯罪は減るでしょう。1993年(平成5年)頃から、一旦急激に増えた少年犯罪は2003年(平成15年)に1つのピークを迎え、それ以降、少年刑法犯は激減しています。

ここでの刑法犯とは、交通違反を除く、殺人・強盗・放火・強姦・暴行・傷害・窃盗・詐欺などの犯罪のことを指します。大半は窃盗ですが、少年の凶悪犯罪も激減しています。日本の犯罪率の低さは世界的にも珍しいものです。

 

今日の話を聞いていただく前に、犯罪社会学という学問分野では、犯罪の起こる原因論について大きく2つの流れがあることをお伝えしておきます。

 

1つは、社会緊張理論と呼ばれるものです。わかりやすく言うと、ほしいものを手に入れたい欲望があるのに、実現手段がないために、罪を犯すという理論です。言い換えると、この理論は「不満の理論」と言えます。

 

2つ目は、文化学習理論と呼ばれるものです。非行グループに入ると、先輩から犯罪の手口を学習したりしますね。欲望だけあっても、犯罪の手口を学習しないと実行できない。それだけではありません。そもそも法を破っても構わないという価値観自体も、仲間集団のなかで学習されるものです。これは、いわば「人間関係の理論」です。

 

これらの理論を踏まえ、さらに私自身の分析も含め、最近の日本の少年犯罪の激減についてこれから考えてみたいと思います。

 

関連記事 こちらも読もう

世界の成人年齢
世界の成人年齢

18歳成人 賛成?反対?高校生アンケート

反対が65%。18歳はまだまだ未熟?

沼津東高等学校(静岡県) 新聞部 佐藤ひかるさん