民法学

山本君、ケガしたってよ ~誰が損害を負担するのか/損害の賠償責任

遠藤研一郎先生 中央大学 法学部

第3回 リスクに備える ~社会でどこまで助け合うか

「保険」という存在

 

では、被害者を救済する手段は、他にないのでしょうか。

 

そのリスクが多くの人に起こり得る可能性があるならば、たとえば、「保険」という制度が、損害賠償の代わりとなるかもしれません。

 

みなさんも、「生命保険」、「傷害保険」、「火災保険」といったものを聞いたことがあると思います。そもそも保険とは、私たちが生活していくうえで、ある程度の確率で起こりうる大きなリスクを多くの人たちが共有している場合に、その人たちがお金を出し合って共同の資金備蓄を行い、もしその少ない確率の事故にあってしまった人がいた場合には、その備蓄から支払いを受けるという形で不測の事態に備える制度のことを意味します。

 

被害者であっても、加害者であっても、保険に入っていれば、そこから賠償金が支払われる可能性があるのです。

 

なお、学校事故の場合には、特に、独立行政法人日本スポーツ振興センターが行っている「災害共済給付制度」などが重要な役割を担っています(「共済」と「保険」は異なる制度ですが、機能は類似しています)。それによれば、児童生徒等が事故にあって負傷し、5000円以上の医療費がかかった場合には、医療給付を受けることができます。同センターの報告書によれば、2016年度の学校災害(負傷・疾病)の発生件数は108万8487件(発生率:6.47%)、死亡見舞金51件、障害見舞金409件となっています。

 

助け合いの社会

 

さらに、私たち全体が抱えるリスクであるのならば、リスクが発生した時に備えて、社会全体でそれをプールし、そこから顕在化したリスクの回復を図るといった発想はどうでしょうか。実は、このような仕組みは、私たちの社会の中にたくさんあります。たとえば、労災に対する保障制度、公害による健康被害に対する補償制度、医薬品の副作用被害に関する救済制度などがあります。また、犯罪によって生命・身体に被害が及んだ場合、その被害者を補償する制度もあります。さらに、貧困に対する失業保険、病気に対する健康保険、老齢に対する年金など、様々な場面で用いられている各種保険や課税制度も、そのような文脈で理解することができるでしょう。生活保護給付のような貧困者の最低限度の生活保障、児童手当や遺族援護などの社会保障制度などもあります。これらは、広い意味では、「リスクが生じたら、みんなで助け合いましょう」という精神から成り立っている、相互扶助の社会のための制度としての側面を持っているということができます。

 

ただ、このように「みんなで助け合う」という制度を維持するためには、構成員が、それぞれ、プールする財産(お金)を出し合わなければなりません。もし、国(または、地方公共団体)全体で制度構築をしようとすれば、それは「税金」ということになります。拠出金が高ければ、抵抗感を持つ人も少なくないでしょう。では、どこからが自己責任なのでしょうか? どのような場面であれば、みんなで助け合うこと(そして、そのために相応の負担をすること)が許容されるのでしょうか? どのような広がり(任意か強制か。特定のグループレベルか自治体や国レベルか)で助け合うのが妥当でしょうか。難しい政策論です。

 

『高校生からの法学入門』執筆者・遠藤先生よりメッセージ

◆遠藤先生執筆

「第9章 山本君、ケガしたってよ」

第9章では、「損害賠償」の世界を取り上げています。私たちは、故意(わざと)または過失(不注意)で他人の権利などを侵害した場合には、損害賠償しなければなりません。そして、損害賠償の問題は、私たちの社会で、様々な場面で登場します。自動車事故、名誉棄損、プライバシー侵害、公害、医療過誤、いじめ・・・。その際に、誰が、どのようなことを前提として、どれくらいの額の損害賠償を負担するのが適切なのかについての仕組みづくりは、被害者救済のために、とても重要になります。本章では、学校事故を例にして、責任の主体が誰かを探っています。責任の広がり(または、その限界)を感じ取ってもらえればと思います。

 

また、「顕在化したリスクの負担」という視点からは、解決方法は、損害賠償に限りません。保険、被害者救済制度、社会保障など、様々なアプローチがあります。事故が起きたら、起こした人(加害者)が責任を負え!という発想ではなく、誰にでも起こるリスクなのであれば、みんなで負担し合いましょうという発想です。その仕組み(ルール)作りは、法学部で専門的に学びますが、本書で、損害賠償制度を「相対化する」という見方もしてもらいたいです。また、誰がどのようなリスクを負担するのが、社会にとって有益なのかというバランス感覚が大切であるということを感じとってもらいたいと思います。

 

※尚、本記事は、先生の執筆記事からの一部紹介です。

[出版社のサイトへ]

興味がわいたら

『ヴェニスの商人』

ウィリアム・シェイクスピア 福田恆存:訳(新潮文庫刊)

本作品の主題とは別に、法学的な観点からも素材として挙げられることの多い作品です。シャイロックとアントーニオの間で交わす「契約」、海難事故、ポーシャが行う「法の解釈」などが興味深いです。本でもDVD(映画)でも劇でもいいですから、一度、作品に触れてみることをお薦めします。

[出版社のサイトへ]

『居住福祉法学の構想』

吉田邦彦(東信堂)

例えば、みなさんが、震災で家が倒壊して、住むところがなくなったとしたらどうしますか? 自分の家の財力で、新たな住まいを確保しますか? では、財力がない人はどうすればいいのでしょう? 社会で助け合うべきですか? 民法研究者である筆者が、市場主義の現状を批判し、「居住福祉法学」を構想します。

[出版社のサイトへ] 

『レインメーカー』

フランシス・F・コッポラ監督作品。白血病に罹患した患者が、保険会社から保険金の支払いを拒絶されたために、治療を受けられずに死亡します。保険会社は、ある保険約款条項を盾に正当性を主張するのですが・・・。1997年制作。マッド・デイモン主演。ジョン・グリシャムの小説『原告側弁護人』の映画化。

 

『白い巨塔』

山崎豊子(新潮文庫刊)

財前と里見という2人の対照的な医者を軸として展開される、医学界の腐敗を鋭く追及した社会派長編小説。何度もテレビドラマ化されています。ストーリーの中の、医療過誤訴訟が損害賠償・民事訴訟の参考になったり、また、医学部内部の権力闘争が、選挙制度や組織法とも通じる部分があったりと、法学を学ぶ者にとって、様々な材料を提供してくれます。

[出版社のサイトへ]

その他には、

◆広く民事法に興味があれば

『ハゲタカ』(真山仁著、講談社文庫、NHKで大森南朋主演でドラマ化)、『ウォール街』『ウォール・ストリート』(どちらもオリバー・ストーン監督)、『キング・オブ・マンハッタン 危険な賭け』(リチャード・ギア主演)、『金融腐蝕列島 呪縛』(役所広司主演)など企業買収、乗っ取り関係の作品は多数あります。

◆民法の中でも「家族」ついて興味があれば

(C)毛利甚八・魚戸おさむ/小学館
(C)毛利甚八・魚戸おさむ/小学館

『家栽の人』(毛利甚八:作 魚戸おさむ:画、小学館ビッグコミックス)家庭裁判所判事を主人公とし、家事事件、少年事件について描かれています。他に、『クレイマー、クレイマー』(ダスティン・ホフマン主演)など。

契約や債権回収に興味があれば

『ナニワ金融道』(青木雄二著、講談社モーニングKC)、『レオン』(ジャン・レノ主演)、『幸福の条件』(ロバート・レッドフォード主演)など。

 

遠藤先生インタビュー

民法学でリードする大学・研究者

『高校生からの法学入門』(中央大学法学部:編)他の先生の記事を読む